スズキ 鱸

スズキ 鱸

TOP 
ルアーの種類
ルアーフィッシングの対象魚
ルアーメーカー・代理店
 
ルアーフィッシングの用語集
    
    
    
    
  ぬ  
    
  む  
       よ
    
          
スズキ
スズキ(鱸) Lateolabrax japonicus は、スズキ目・スズキ亜目・スズキ科に属する魚。海岸近くに生息する大型の肉食魚で、食用や釣りの対象魚として人気がある。成長につれて呼び名が変わる出世魚でもある。 全長は最大で1mを超える。体は細長くて左右に平たい(側扁する)。口は大きく、下あごが上あごより前に出る。体色は背中側が緑黒色-灰緑色、体側から腹部にかけて銀白色をしている。尾びれはハート型に切れこむ。若い個体の中には背側や背びれに小黒点が散在する個体もあり、成長とともに消えるが、背びれの黒点は大きくなっても残ることがある。 北海道南部から九州までの日本列島沿岸と朝鮮半島東・南部、沿海州に分布する。冬は湾口部や河口など外洋水の影響を受ける水域で産卵や越冬を行ない、春から秋には内湾や河川内で暮らすという比較的規則的な回遊を行なう。昼間はあまり動かないが夜になると動きだす。食性は肉食性で、小魚や甲殻類などを大きな口で捕食する。産卵期は冬で、春になると河口付近の沿岸浅所や河口域で仔稚魚が見られる。中には川を遡上し淡水域で過ごすものもいる。仔稚魚はカイアシ類や枝角類、アミ類、端脚類を捕食して成長する。
スズキはいわゆる出世魚で、成長とともに呼び名が変わる。ただし、地方によって呼び名は様々に異なるほか、分類も微妙に異なるなど、正確な定義は無い。例として関西では1年ものと2年もの(体長 20-30cm 程度まで)を「セイゴ」、2、3年目以降の魚で体長 40-60cm 程度までを「ハネ」、それ以上の大きさの通常4-5年もの以降程度の成熟魚を「スズキ」と呼んでいる。東海地方では、60cm程度までを一律に「セイゴ」、それ以上の大きさの成熟魚を「マダカ」と呼んで二分することが多い。
シーバス search
 
↑戻る